相続対策,相続専門,税理士

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!

※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪




経験豊富な相続専門の税理士に無料相談しましょう!

相続税対策の種類と手続や方法を相続専門の税理士に記事一覧

短期対策は不動産が有効病気が見つかり、余命数年といわれた場合の相続税対策は、短期間で効果の出る方法を選択する必要があります。一方、65歳で非常に健康でお元気な方の場合、何が起こるかわからないというものの、15年から25年程度の長期間にわたり対策を行うことを考える必要があるでしょう。短期対策と長期対策ではその内容は大きく異なります。まずはその点を明確にして対策を考慮する必要があります。短期間において...

会社が不動産を購入現金でもなく、不動産でもないのに評価を下げてから財産を贈与できるという方法があります。親の所有する現金を出資して会社を設立します。そのままでは会社の株価は出資の時と変わりませんので、現預金で保有しているのと同じです。そこで、会社の資金を利用して収益を生む不動産等の資産を購入し、会社が運営を行います。購入する賃貸物件はどこにあってもかまいませんが、できるだけ家賃収入の多額な優良物件...

信託を活用するケース「子供がいないので、全て配偶者に相続させたいが、妻亡き後は、甥(おい)に継がせたい」「子供のいない長男に相続させた後は、次男の子供に財産を継がせたい」このような想いがあった場合、遺言したとしても、相続した人の同意がなければ次の相続を完全に指定することは難しいです。この要件をクリアするために、「信託」という方法を使えばそれが可能になります。信託法という法律は昔からあったのですが、...

知的障害者・認知症患者に有効相続の手法として「信託」が注目されています。財産を親族に託して、契約に基づいて使ってもらう仕組みです。知的障害者や認知症の人など、財産管理が難しい人を守るために有効な方法といえます。