相続 トラブル 争う

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!
※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

 ⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪


今後の税制の流れ

相続税法の改正と相続税の節税対策がイメージできる画像

 

今後の税制の流れと相続税の改正

平成27年1月1日より、相続税の基礎控除額が引き下げられました。同時に税率構造が見直されました。

 

しかし、増税ばかりではなく、資産の若い世代への移転を図るためのさまざまな減税措置も実施されます。

 

すでに実施されている「教育資金の一括贈与の非課税特例」がその目玉とされています。

 

その他に平成27年1月1日より、直系尊属から20歳以上の子供や孫に対する暦年贈与の贈与税が緩和され、また、相続時精算課税制度を選択できる贈与者の適用要件が65歳以上の父母から、60歳以上の父母および祖父母まで拡大される改正が行われました。

 

社会保障・税の一体改革として、「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)」も、平成28年1月1日から施行されます。

 

このマイナンバー法が確実に普及すれば所得は透明化されることになり、高額所得者の社会保障関連費用の増加や、給付額の減少も予想されます。

 

さらに資産にもマンナンバーが付されると財産も透明化され、資産家への課税強化や社会保障の圧縮なども、さらに検討されることになるかもしれません。


家督相続から法定相続への変遷

相続税法の改正と相続税の節税対策がイメージできる画像

 

生前にしっかり対策を

戦前の家督相続の時代とは異なり、民法では共同相続が原則とされています。財産を次世代に引き継ぐには、「遺産分け」と税制改正で強化される「相続税・贈与税」という大きな二つの問題がそびえ立っているわけです。

 

生前にしっかりと対策をしておかないと、資産や会社の次世代への承継はますます困難になります。

 

戦後の教育により、戦後の子供たちの権利意識は非常に強いものになりました。

 

家を承継したとしても、財産分けに関しては誰も配慮してくれません。換金性のない割の合わない財産ばかり相続した後継者は相続税の納税資金で苦労します。

 

今の後継者は、家や会社を引き継がなければならない、という責任ばかりが重く、悩みの尽きない立場になったといえるかもしれません。


争族は家族関係や人間関係を崩壊させる

相続税法の改正と相続税の節税対策がイメージできる画像

 

争族により家族関係や人間関係が崩壊

相続の事例では、いろいろなトラブルが原因で家族関係がボロボロになることも少なくありません。

 

【事例1】
父と母を身を粉にして看護してきた姉一家に対して、他府県に住んでいて年に1回〜2回しか帰省しない妹が、今までの姉の苦労も知らずに法定相続分を要求し、姉一家は代償金を支払う資金もないために自宅を売り払ってしまった、という事例がありました。

 

【事例2】
相続対策を考え、自己の所有する自社株式を会社の取締役に就任している長男と次男に毎年贈与していた、売上規模50億円超の創業社長の例です。

 

年齢の差が原因なのか、社長である親と次男の意見が合わず、次男は会社を辞めて自分で開業することになりました。

 

次男は新規開業で事業資金が不足していたので、親から贈与してもらった自社株式の自分の持ち株の買取を親に要求してきたわけです。
社長である親は、激怒しました。しかり、周囲に恥を知られたくないので、会社が金庫株として買い取ることを株主総会で決議しました。

 

ただ、金庫株としての買取は、税法上の取扱いでは譲渡にならず、配当所得となりますから、結局次男は40%以上の所得税等を支払うことになりました。


相続専門のプロに無料相談!


経験豊富な相続税専門の税理士に無料相談!

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント


遺言書が無効にならないための正しい作成方法とは?

相続ドットコム

関連ページ

相続税の改正に伴い戦前の家制度の家督相続から均等相続へ
相続対策は専門の税理士や弁護士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
日本の相続税創設と戦後から現在までの相続税の変遷
相続対策は専門の税理士や弁護士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続税申告納税者は税制改正で増加する
相続対策は専門の税理士や弁護士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続対策は生命保険や不動産の活用に詳しい相続税に強い税理士へ
生前の現状分析が相続税対策の基本−節税より幸せな承継。相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。