相続税,仕組み,計算方法

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!
※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

 ⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪


相続専門のプロに無料相談!


経験豊富な相続税専門の税理士に無料相談!

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント


遺言書が無効にならないための正しい作成方法とは?

相続ドットコム

相続税の仕組みと計算方法記事一覧

相続税のかかるラインの基礎控除額とは?相続税は、各人が相続した正味の遺産額が基礎控除額を超える場合に課税されます。つまり、正味の遺産額(遺産総額−債務・葬式費用非課税財産)>遺産にかかる基礎控除額の場合には、相続税が発生します。遺産に係る基礎控除額は、平成27年1月1日以後の相続等から次のように計算します。3,000万円+600万円×法定相続人の数=基礎控除額例)相続人が配偶者と子供2人の場合、法...

相続税申告までのスケジュール被相続人が死亡し、死亡診断書又は死体検案書が遺族に渡された後の手続きは、まず、市区町村への死亡届です。この死亡届出を受理した市区町村は、火葬許可書を発行します。これにより、通夜、葬儀など一連の儀式を執行することとなります。その後の手続きは、遅滞なく行う事項として税務上の届出、市区町村への届出、業務上の各種届出、3ヶ月以内に処理すべき事項として財産・債務の確認、相続の承認...

被相続人に関する必要書類被相続人に関する資料として必要なものは、まず相続の開始があったことを証する書面として「戸籍謄本」があります。戸籍謄本は、一戸籍の全部の記載事項を転写したものをいい、一部を転写したものを戸籍抄本といいます。この被相続人について「相続を証する書面」としての戸籍謄本は、被相続人の出生から死亡までの身分記録が記載されているもの全部が必要となります。被相続人の出生から死亡までの間に婚...

被相続人が死亡すると遺された相続人は、被相続人の他人に移転しない権利・義務を除く、すべての権利・義務を受け継ぐことになります。こうした相続をすることについて、相続するか、相続しないかの選択をすることができます。その相続方法には、単純承認・相続放棄・限定承認の3種類の方法があります。単純承認:相続する被相続人の全ての財産・債務を受け継ぐ。限定承認:条件付きで相続する受け継いだ相続財産の範囲内で、被相...

国税通則法の改正により、いよいよ課税当局においても、いかに裁判において立証できるかという観点から調査が行われるようになってきました。財産にはいろいろありますが、相続財産の確定を立証できるように生前から取り組んでおくことが相続税の基本です。1.自分自身が形成し管理している自分名義の財産2.自分自身が形成し管理しているが、家族名義になっている財産3.家族自身が贈与等により形成し、自己管理・運用している...

民法上の相続人とは現行の民法では、人が亡くなった場合、相続人は、被相続人の配偶者と被相続人の一定範囲の血族と定められています。亡くなった人のことを「被相続人」、配偶者を「配偶者相続人」、血族を「血族相続人」といいます。配偶者と血族相続人とを同順位として相続人が決定されることになっています。よって、相続を考えるには、まず被相続人がなくなった場合に、誰と誰が遺産を相続するのかを確認しておくことが必要で...

相続税の税務調査東京国税局管内の税務署が、平成25年7月以後、賃貸マンション・アパートなど賃貸不動産を持つ個人に対して、「決算書の内容についてお尋ね」と題する文書の送付を始めました。不動産所得に的を絞った大掛かりな事実上の税務調査は今までされてきませんでしたが、なぜ税務当局は踏み切ったのでしょうか?最近、国の財政難を背景に資産家への課税強化が話題になっています。これまでは事業所得の税務調査が中心で...

相続開始時の遺産の権利状態相続が開始すると、被相続人が生前に所有していた財産は相続人に承継されます。相続人が1人の場合は、1人が全てを相続するので簡単ですが、複数の場合は、各相続人が相続財産に対してどのような状態で権利を取得するのかが問題になります。例)被相続人太郎の相続人は、妻花子と3人の子供A,B,Cです。遺産は、@会社に賃貸している土地、A預貯金、B定額郵便貯金、C会社株式等の財産、D会社の...

相続税の未成年者控除制度未成年者控除は、シャウプ勧告による昭和25年度税制改正により、子供が自立しうるまでに必要とする養育費を、相続財産から優先的に控除すべきであるとして設けられました。当初は遺産取得者課税方式をとっていましたので、1万円に18歳に達するまでの年数を乗じて算出した金額が課税価格から控除されていました。昭和33年度税制改正により、遺産取得税体系を基本としながら、相続税の総額の計算には...

概要不動産や預金などの遺産相続の手続きが2017年から簡素化されます。新制度は、登記所が法定相続人に戸籍情報を記載した証明書を発行し、相続人はその証明書を金融機関や登記所などに提出することで、手続きがよりスムーズになり、負担も軽くなる仕組みです。法務省は相続の登記促進や、所有者不明の不動産減少につなげたいという考えです。ただ、抜本的な改善になるかどうか、疑問視する向きもあります。所有者不明の土地な...

日本では、各地で空き家が増え続けております。2016年3月に閣議決定された住生活基本計画でも空き家の利活用促進がポイントの一つとして掲げられています。空き家が問題視されている理由や所有者が講じるべき対策は、相続の問題にも関連してきます。空き家を所有されている資産家の方は、相続の問題も併せて対策を考えておく必要があると思われます。核家族化で年々増加日本にある空き家の数は約820万戸、総住宅数に占める...